一酸化窒素(NO)を増やす方法

 

勃起のシグナル(GOサイン)として大切な一酸化窒素(NO)体内に増やすには、つぎのような3つの方法などがあります。日ごろのサプリメントで補う場合は、Aのアルギニンの摂取が現実的です。



@テストステロン
の分泌を増やす


 男性ホルモンの
95%占めるテストステロンには、性機能を維持する役割とともに、一酸化窒素=NO)を産生する働きもあります。テストステロンが十分に分泌されている若年代には一酸化窒素も正常に作られ、血流の調整や勃起のシグナルとなって機能しています。

ところが、テストステロンは加齢によって低下していくため、高齢になればなるほどその分泌量も減少します。これが、一酸化窒素の産生不足から勃起力の低下につながるのです。

いわゆる性不全です。

 このテストステロンの分泌を増やそうとする場合、若年層なら、体重コントロールや適切な運動、睡眠の改善などの方法もありますが、40歳代以上の高齢になるとホルモン剤などの薬剤やホルモン値を上げるサプリメントなどに頼らざるを得ません。



A
アルギニンを摂取する


 一酸化窒素(
NO)は神経や血管内皮で、「アルギニン」を原料に作られます。

アルギニンは体内で合成することができる非必須アミノ酸ですが、30歳代から体内で作られる量が減ってきます。そのため、一酸化窒素(NO)を増やすためにはアルギニンを含む食べ物を摂る必要があります。

アルギニンは大豆食品・肉類・魚類などに多く含まれますが、食べ過ぎるとコレステロールが多くなります。できればサプリメントや精力剤などで摂ることをがおすすめします

アルギニンは一酸化窒素を生成するNOサイクルという作用の中で、シトルリンに変換されるときにNOを発生します。アルギニンとシトルリンはサイクルで変換を繰り返しますが、アルギニンがシトルリンに返還される際にNOが産出されるという体内の仕組みをNOサイクルといいます。



B血液サラサラ成分「
EPA」を摂る


 青魚に含まれるオメガ
3系脂肪酸の1つである「EPA(エイコサペンタエン酸)」を摂取することによって、一酸化窒素(=NO)を増やすこともできます。

 EPAは、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす働きでもよく知られていますが、血管内皮細胞の炎症を抑えて一酸化窒素を増やす働きもあります。さらに、動脈硬化を防ぐ作用もあり、脳梗塞のリスクを4050%、心筋梗塞のリスクを約20%低下させる研究データも報告されています。

血管内皮細胞を正常化して血管をしなやかにする働きも確認されているのですが、それには、1日当たり300mg以上摂取することが必要になります。


 

男性ホルモンを上げるサプリメント

  黒マカ粒 オットジンクプラス マカ粒
  オットジンク
ギガパワー123ギガパワー123      レオードV ギガパワープレミアム    
  精と性ATP

 

 



製品を探す。            

メイクトモローの元気が出る製品


Copyright (c) 2007 MAKE TOMORROW All Rights Reserved.