勃起中枢神経を活性化する
     

ジンセンベリー
とは


中枢神経興奮作用が強力な新素材


実感力の秘密は
高麗人参の有用成分
ジンセノサイド(Reほか)
 
   

 ジンセンベリーについて 

 ジンセンベリー
は高麗人参の“果実”由来の抽出成分です。
その有用成分は
ジンセノサイドというサポニンの中でもトリオール系(Re、Rg1、Rg2、など)に分類され、中枢神経興奮作用が強く、勃起中枢神経を活性化して、勃起機能システムに作用すると注目されています。
 
 さらに、その働きは、血流作用に欠かせない
一酸化窒素や、
勃起作用に不可欠の
『サイクリックGMP』の増産にも通じることからジンセンベリー
ED改善と精力アップの重要成分としてご紹介いたします。



     
花が咲き実がついた高麗人参


    高麗人参の実
   (ジンセンベリー)
 
   

 高麗人参のジンセノサイドについて


 古来より健康食材として利用されている高麗人参は、
冷え性や便秘、更年期症状の改善などに効果的とされており、
40代〜50代の方ならご存知の方も多いことでしょう。

 高麗人参の効果は、主にジンセノサイドという高麗人参特有の
サポニン群で、良質の高麗人参になると、そのサポニンの種類も40種を数えます。
このサポニンの中には、血液の代謝を良くしたり、疲労回復を
早めたりなど、抗老化活性因子として、うれしい効果がたくさん
あります。もちろん、高麗人参には、マグネシウムなどのミネラ
ル成分も豊富なので、300種以上の酵素のはたらきを助けたり
悪玉菌に対抗するはたらきがあるなど、サポニン群以外の効能
効果も多く認められております。
 しかし、古くから珍重されている高麗人参のすぐれた効能効果
に関わる有用成分のほとんどは、このサポニン群によるものとさ
れて来ました。ですから、高麗人参の質の良し悪しを判断する基
準は、やはりジンセノサイドというサポニン群の種類と総体含有量によって判断されてきました。



   
高麗人参六年根はジンセノサイドの含有バランスが良い!

 この古くから珍重され滋養強壮などに用いられてきた高麗人参の有用成分ジンセノサイドという
サポニンは種類も多く、高麗人参の部位によってそのサポニンの種類と含有バランスが異なってきます。
 下表にあるように『根』の部位には、
中枢神経抑制作用の強いジオール系のジンセノサイド
中枢神経興奮作用の強いトリオール系のジンセノサイドがそれぞれバランスよく含まれています。

 そして、このジンセノサイド(=サポニン)各種の含有バランスが整った高麗人参が良いとされて
きました。

 これまで『疲労回復につながる滋養強壮としても珍重され、五臓を補い、精神を安定させ、
動悸を止め、邪気を除き、目を明らかにして心を開く』など万能の高貴薬として親しまれてきました。

 つまり品質の良い高麗人参は、有用成分ジンセノサイド各種の含有バランスの良さと総体量が決め手になっていました。
 ですから、下表でもおわかりのように、高麗人参は含有バランスの良い『根』の部位が良いとされ、
『根』以外の部位は、むしろ捨てられてきました。
 そしてジンセノサイド(=サポニン)の含有総体量が最も多いとされる6年根が最上級の高麗人参として
用いられてきたのです。


     
 サポニンの含有バランスが偏ったジンセンベリー


 一方、高麗人参の『果実の部位』にはトリオール系のジンセノサイド(Re)と言うサポニンが多い
反面、ジオール系のジンセノサイドが極端に少ないため、含有バランスは極端に偏っています。

 広島大学での資料によるとジンセンベリーと呼ばれる『果実部』に含まれているジンセノサイドの
総体量は根の2倍量もあり、そのほとんどが
トリオール系ジンセノサイド(Re、Rg1、Rg2など)で、
根の30倍の含有量とされています。

 したがって、トリオール系としての中枢神経興奮作用はすこぶる強いが、中枢神経を抑制する作用は
ほとんど無く、自律神経のバランスをとるなど高麗人参としてのの働きには、遠く及びません。
 つまりジンセンベリーは、ジオール系の働きが出来ず、トリオール系の働きに偏っているため、
自律神経のバランスをとる高麗人参としての働きには不向きだったのです。


 
ジンセンベリーの中枢神経興奮作用が脚光を浴びる 

 一方、
『果実』の部位のジンセンベリーは、サポニンのほとんどがトリオール系ジンセノサイド(Re、Rg1、Rg2など)であることから、中枢神経興奮作用が特に強く、勃起中枢神経を活性化するなど、
精力アップ(=ED改善)の分野においては、新素材の有用成分として脚光を浴びることになったのです。

 中枢神経興奮作用は、勃起中枢が大脳から副交感神経を通じて受け取った刺激伝達情報をさらに
強化するだけでなく、勃起作用に関わる一酸化窒素『サイクリックGMP』という
勃起の仕掛け人
の増産
にもつながるなど、ED改善と精力アップの新素材として期待されています。

 そして、開発されたのが
精と性“豪”です。
 

 
   
 高麗人参の「実」、ジンセンベリーは希少原料


 高麗人参の一番高級なものとして六年根が話題になります。
 実は7年目からの高麗人参はその有用成分サポニン群が減収することから、サポニン群の含有量が
最も多い六年根の高麗人参が、高級品とされてきたのです。

そして、高麗人参は6年〜7年という長い一生の中で花が咲き、実がなるのは一回きりなのです。
併せて、高麗人参の『果実』の収穫も、その6年〜7年に一度だけなのです。
 ですから、『果実』の部位の
ジンセンベリーは大変希少なものという事になります。


 
   
 
 
   
LINEUP
栄養機能食品 (精力サプリ)
精と性液
精と性 液

精と性ATP
オット精G液
オット精G
プラセンタオットビン
プラセンタオットビン
ギガパワー123
ギガパワー123
レオードV
レオードV

オットジンクプラス
オットジンク
オットジンク
製品情報
 
Copyright (c) 2007 MAKE TOMORROW All Rights Reserved.