ED(=性不全)改善のための基礎知識 

 その前に・・(クリック)血流系とは?

 

 

    脳疲労つまり“頭の使い過ぎ”とは、脳が疲れて、体のあらゆる機能に支障をきたすこと。

その原因はIT化も含めて現代社会の環境変化も影響しています。

 現代生活では、肉体よりも頭脳労働が多くなり、脳を使うこと

が、昔より遥かに多くなってきました。

 スマホやPCなどの普及も手伝って、常に脳で情報を処理することが多くなっています。

 は考えごとをしたり、情報を処理しようとすると脳細胞が働きます。そのためには、に、酸素や栄養を送らないといけないので血液も多く送り込まれるようになります

 さらに頭をフル回転するようになると、脳に送り込まれた血液によって、

が熱くなり、正常な脳の働きさえも阻害されてしまいます。

ストレス脳疲労のひとつです。

 そして、脳に疲れが溜まってくると、体に色々な症状が出てまいります。

現代人の性不全も、そのひとつです。脳疲労つまり頭の使いすぎは、頭部に血液が偏り、のぼせの状況を招きます。換言すれば、下半身が血液不足になって現れる下半身冷えということで、それが性不全の原因になっていると云われています。

生殖器に血液が不足すれば、勃起中枢からの指令を受けても、対応しきれないわけですから、当然の理屈ですが、私たちのからだを流れる血液はすべての器官で重要な働きをしているわけです。

 「精力剤を試してみたが、よくわからなかった」とおっしゃる方の中には、このような下半身冷えの症状を伴のぼせの状況にあることから、生殖器の血流不足に陥り、せっかくの精力剤の効き目がわからないという場合が少なからずあります。ストレスによる心因性の性不全もこの範疇に入ります。

 
 
 
    滋養強壮剤 金粒オットビン  第2類医薬品   
    金粒オットビン金粒オットビン     
   

こんな場合には、先ず頭部に偏った血液を下半身に戻すことが大切です。

 古くから、漢方に、のぼせの特効薬として有名な知柏地黄丸という処方があります。その漢方に用いられている“地黄”という生薬が配合された「金粒オットビン」という強精強壮剤があります。

 この「金粒オットビン」は、頭部に偏った血液を、下半身や、五臓六腑の各臓器に戻す作用に優れ、夕方や夜、寝る前に、3粒飲むと、「翌朝の起床時には、疲れがとれ、すっきりして少し早く目が醒める」といわれるくらいの評判を得てまいりました。

 中には、相談薬局の先生方から奨められて、のぼせの諸症状の疲れ肩こりに、愛用されている女性も少なくありません。

 
 
     

 「金粒オットビン」は、オットセイの生薬「海狗腎」が主成分ですが、牛黄地黄とのトリプル効果の期待できる強壮強精剤です。その評判は、下半身への血流促進などが実感しやすいことから、広く愛用され続けてまいりました。

 最近の精力剤市場は、サプリメントの大進出で、いろいろなアイデア商品で賑わされておりますが、真の「性不全改善の基本」は、@生殖器に血液の流れを正しく導くことであり、

 A勃起中枢からの指令を受けた生殖器の各機能が健全に働ける状況を作ることです。

 そのためには、血流に携わる心臓や血管の“健康とその働き”に欠かせない一酸化窒素(NO)の産生や、その働きを助長する中枢神経の興奮作用に至るまで、どれひとつも欠かすことが出来ない仕組みがわたしたちのからだには備わっているのです。

 「金粒オットビン」は、それらの仕組みや働きのひとつとして、生殖器をはじめとする下半身の各臓器への血流確保に役立ちます。

 ED(=勃起不全)改善の3要因に、ホルモン系血流系エネルギー系(=体力)の改善が挙げられていますが、金粒オットビンは血流不足を補う血流系に属する強壮強精剤です。

 
 
黒マカ粒
オットジンクプラス
マカ粒
オットジンク
プラセンタオットビン
強力バロネス
金粒オットビン金粒オットビン 


製品を探す。            

メイクトモローの元気が出る製品


Copyright (c) 2007 MAKE TOMORROW All Rights Reserved.