【ATP】とは 
ATPとは、アデノシン3リン酸

Adenosine Tri-phosphate)と

いう
エネルギーを発生させる

物質
頭文字です。
ATPとは

「アデノシン3リン酸(=ATP)」は、ルギをー発生させる物質です。    それはわたしたちのからだを構成する約60兆の細胞内で、からだに取り込まれた栄養分(糖質、アミノ酸、脂質)から、解糖系、クエン酸回路系、電子伝達系という3つの段階からなるエネルギー産生システム(クエン酸サイクル)を駆使して 作り出されています。
この3つの段階のうち解糖は細胞質の液状の部分(細胞質基質)で行われ、 クエン酸回路は細胞内の
ミトコンドリアの中で行われます。また電子伝達は,
やはり
ミトコンドリアの内膜で行われています。

基礎代謝
私たちの生命を維持するに必要な最小のエネルギー、つまり基礎代謝のエネルギーもこのアデノシン3リン酸(=ATP)というエネルギー物質によるものです。

細胞内でつくられるアデノシン3リン酸(=ATP)が十分でなければ、基礎代謝は下がり、十分であれば基礎代謝は上がります。

そして、基礎代謝が下がれば、身体や内臓に脂肪がついたり、疲れがなかなかとれないという状態に陥ります。

逆に基礎代謝が上がれば、脂肪がつきにくく、疲労も回復しやすくなります


ミトコンドリア
この基礎代謝のカギを握るのが、クエン酸サイクルというエネルギー産生システムの中で発電所の役目を果たしている
ミトコンドリアであり、クエン酸サイクルである言われています。

ミトコンドリアは、60兆の細胞すべてに存在し、クエン酸サイクルというシステムによってエネルギーを作り出しています。

エネルギーをたくさん必要とする細胞やそれほど必要としない細胞など種類によって違いますが、数十から数万というミトコンドリアが各細胞内で活動しているのです。

そして、よく使う細胞や激しく使う筋肉細胞ほど、ミトコンドリアの数も多く、アデノシン3リン酸(=ATP)の産生量も多いということです。

蛇足ながら・・
「精と性ATP」というサプリメントのATPもこのアデノシン3燐酸 (Adenosine Trihosphate)の頭文字(アルファベット)から命名されているようです。


 

エネルギー産生過程での

アデノシン3リン酸の働き
                             


 

チョット難しいお話で恐縮でしたが、簡単に整理すると、私たちのからだに摂り込まれた栄養分は、細胞内に取り込まれ、ミトコンドリアで、クエン酸などの「8種類の酸」に分解され、その分解過程で、エネルギーが作り出されるのです。

 このエネルギー産生システムがクエン酸サイクルまたはTCAサイクルと呼ばれているものです。

アデノシン3リン酸(=ATPの働き とは?

エネルギーを発生させるだけでなく、
エネルギー代謝血流促進(増強)の作用があり精力増強のための血流系を満足させるものと言われています

 

昔から精力剤というと、マカマムシサソリなど精がつくと言われている食材が主に用いられてきましたが、その栄養分からエネルギーを作り出すミトコンドリアや、エネルギー産生システムの能力アップの方が重要にになります。

ですから、ミトコンドリアが産生する
アデノシン三リン酸(=ATPの作用が大切なのです。

アデノシン三リン酸は、医薬品「アデノシン三燐酸二ナトリウム」がありますが、サプリメントでは、
精と性ATPという商品がリリースされているようです。

(*1) ATPは医薬品 もありますが、「精と性ATP」は、サプリメントで、自然由来の食材を原料に配合されていますので、「クスリに敏感な方にも安心」というコンセプトがうかがえます。

 

メイクトモローの元気が出る製品


Copyright (c) 2007 MAKE TOMORROW All Rights Reserved.